読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

盆と正月

煩悩の数より現場がある.

男性声優楽曲大賞2016っぽいもの

なにもかも不慣れな初心者ですが、2016男性声優楽曲大賞を自分なりに勝手に書いてみました。音楽には詳しくないので、主にどう思ったとか感じたとか感覚的なことが書いてあるだけです。細かいルールなどはこちらのブログを→

d.hatena.ne.jp

 

 

30 位 カモフラージュ

歌:逆巻シュウ(CV:鳥海浩輔) /逆巻ライト(CV:平川大輔)

作詞:Daisuke Iwasaki/作曲:MIKOTO

 血に狂った鎮魂歌ってコーデリアの事ではないですよね…。相変わらずヒロインへの想いを歌う坂巻兄弟ですが、この曲をなんて表現すればいいのかわからないです。リジェットにありがちな、セリフや吸血音満載な曲ですが、この曲程なければよかったな、って思う歌はないかもしれないです。イントロで様々な音が混ざりあっていて、脳を揺さぶられます。

 

29位 Maybe Love

歌:THRIVE(CV:豊永利行花江夏樹加藤和樹

作詞作曲:ミライショウ

12秒で豊永利行に恋するキラーチューン!THRIVEは甘口・中辛・辛口なんでもあって、それぞれが違う方向の色気で攻めてくる感じが最高にかっこいいです。

   

28位 Naked Moon Light

歌:日向樹(CV:浪川大輔)壁井柚(CV:柿原徹也)朔久間柊(CV:羽多野渉

作詞:タイラヨオ/作曲:@2

怪しいイントロからはじまり、とにかく吐息と喘ぎの世界。脂の乗った30代男性声優によるネチッとした感じが、男性ストリップという作品にとてもピッタリだと思います。とても贅沢な事に、全員バージョンとソロバージョンが収録されており、1枚で4度美味しい Naked Moon Lightです。

 

27位 LOVE&GAME

歌:四葉環(CV:KENN)逢坂壮五(CV:阿部敦)十龍之介(CV: 佐藤拓也

作詞:結城アイラ/作曲:木下智哉

4秒でけんぬの声に恋します。ざらっとしてるけど艶っぽいけんぬ声がとにかくかっこいい!声質や歌い方が違う3人なので、同じ『 LOVEGAME』という歌詞でも全然違って聞こえるのもポイントです。華麗で煌びやかでファビュラス!

 

26位 1LDK 

歌:野島健児

作詞:松井五郎/プロデュース:藤谷一郎

野島健児セルフプロデュースアルバムの2枚目、Between the linesの一曲。語りかけるような、セリフと歌の中間のような…これはラップ?大人になるにつれて自然と思わなくなった、吉祥寺に住んでみたいっていう気持ちが少し蘇りました。数多くの男性声優が、作品ではなく個人名義で音楽活動をしていますが、野島健児ほどコンセプトが明確で声優が音楽活動をする意味が伝わる人もいない気がします。心で唱えたい「野島健児チルい」

 

25位 Magical Flower 

歌:一条寺 帝歌(CV.梅原裕一郎)墨ノ宮 葵(CV.KENN)帯刀 凛太郎(CV.小野友樹
庵條 瑠衣(CV:羽多野渉)土筆 もね(CV.蒼井翔太)響 奏音(CV.江口拓也

作詞:坂井竜二/作曲:鈴木盛広/編曲:安岡洋一郎 

曲も歌詞とてもキャッチーで、わかりやすくて良いです!サビに繰り返し何度も出てくる『Magicきゅんっ!Magicきゅんっ!fall in love』は『ホンワカパッパ ホンワカパッパ ドラえもん』に近しい何かを感じます。

 

24位 Joker Dream

歌:華房心(CV:村瀬歩

作詞:五月アラン /作曲:早川大

所々に無国籍音楽っぽい音がちりばめられていて、煌びやかです。男性声優界一かわいい息継ぎと、村瀬さんの高音と低音の使い分けにドキドキします。

 

23位  かむかむみらくる

歌:A'(CV.木村良平

作詞:岩崎大介 /作曲:R・O・N

この曲はエレクトロで合ってますかね?ピコピコ系と木村さんの声質がとても合っているなって思います。ディア♡ヴォーカリスト全体にも言えることなんですけど、曲と声優さんの声質がハマっていてすごく良いです。

 

22位 花丸◎日和!  

歌:大和守安定(CV:市来光弘) 加州清光(CV:増田俊樹)

作詞:ミズノゲンキ/作曲・編曲:睦月周平

 深夜に見たい日常系アニメっぽい緩さと、軽快さがマッチしたいい曲だなと思いました。所々に使われている和楽器が晴れ晴れしくて、おめでたい気持ちになります。

 

21位 Grade skipping〈SONG〉

歌:矢那木朔音(CV:村瀬歩

作詞:古屋真/作曲:山下洋介

『あなたが愛しくて。キスするように歌いたい』って作品紹介の紹介分に書いてあるくらい、ピアノと村瀬さんの声が甘いです。歌も上手いし、英語も上手い!なによりこのトーンで村瀬さんが歌っているところを初めて聞いて、えーこれがあのかわいい声の村瀬歩?!ってなりました。村瀬歩を超えられるのは村瀬歩だけですね!本編と合わせて聞くと良さが増すと思います。

 

20位 君は華麗なる「Laila」

歌:葉月陽(CV:柿原徹也

作詞作曲:マチゲリータ

カレーの歌です。インドっぽい豪華な音と、くどい柿原さんの歌声が最高にマッチしてます。同じCDに入ってるこれまたカレーの曲『Hee!Hee!Foo!Foo!』が家族で食べる家カレーだとしたら、この曲はインドカレーパクチー山盛り!みたいな、クセしかない、けどやみつきになるよねって感じに近いと思いました。

 

19位  GET YOU! LOVE&PEACE!

歌:西島涼(CV:八代拓

作詞:佐々木恵梨/作曲:堀江晶太 

軽快でポップです。八代くんのちょっと胡散臭い歌い方や、途中入ってくる合いの手だったり、スタートからゴールまで絶妙なポップさ加減だと思います!

 

18位 SEKAIはボーイミーツボーイ♂

歌:坂口亮(CV: 羽多野渉

作詞mitsu/作曲:かませ虎/編曲:酒井拓也

歌詞の内容とは裏腹に、曲がかっこいいです。勢いとそのボリュームの向こう側に男性の胸板が見えてくる…気がします。この曲をここまでノッて歌えるはたのさんがとにかくすごいです。

 

17位 CHERRY HAPPY STREAM

歌:Trickstar(CV:柿原徹也細谷佳正森久保祥太郎梶裕貴

作詞:Mel*/矢鴇つかさ

イントロのギターが特徴的で、どこかファンキー。思わず手をクラップしたくなる楽しさと、Trickstarらしい疾走感に溢れています。アイドルらしいハッピーソングは、聞いていて幸せな気持ちになれます。

 

16位 空から始まる物語

歌:桜木陽向(CV:上村祐翔)朝日奈響也(CV:逢坂良太)雨宮仁(CV:小野友樹

作詞:畑亜貴 /作曲:本田光史郎

ピーターパンが題材になっているこの曲は、ファンタジックな世界観が、物語の1ページをめくったようなわくわくした気持ちにしてくれます。聞いていると広大な空を感じる、ミュージカル作品らしさのある1曲だと思いました。

 

15位 SWEET DREAMS

歌:Rabbit Clan (CV:江口拓也・.鳥海浩輔石川界人柿原徹也

作詞:Reo/作曲:Kino

ダイナーのシャッフルユニット曲。シンプルなギターサウンドにわかりやすい恋愛ソングが甘くて聞きやすいです。この曲を江口さんが『コロコロしているつもりが、コロコロされていた、みたいな。』と言っていたけどその通りだと思いました。あんなに好きっていってたのにひと夏で変わってしまうんだねっていう飽きっぽい私には刺さる歌詞です…。

 

14位 カレイド TOURHYTHM

歌:Jupiter & W(CV:寺島拓篤・神原大地・松岡禎丞/菊地勇成・山谷祥生

作詞:真崎エリカ/作曲:徳田光希 

アイドルらしい爽やかなライトテクノ。肩の力を抜いて聞ける絶妙なノリの良さと、曲頭にある、メンバーの名前を言うところはライブできけたら絶対に盛り上がるやつですよね!『飽きっぽい性格はいっそ逆手にとって』っていうポジティブすぎるワード、とても良いと思います。

 

13位 Joyful×Box*

歌:Ra*bits(CV:米内祐希・高坂知也・比留間俊哉・池田純矢

作詞作曲:Mel*  

聞いてると心も体もスイングする楽しさが詰まった曲です。Ra*bitsかわいい!!なのに歌詞にちょっとひっかる点があるのも、キャラクターソングならではの面白さかなと思いました。ブリキの人形っていったい誰のことを指しているんでしょうか…。

 

12位 Shall we dance?

歌:アルセーヌ・ルパン (CV: 前野智昭)

作詞:磯谷佳江/作曲:小野貴光  

スカっぽいオケの華やかさと、重厚感ある前野さんの声が合わさって、聞いているととても贅沢な時間に感じます。個人的に前野さんといえば低音のイメージがあったんですけど、地声に近いこのトーンも良いなと思い、新しい出会いでした。この曲のすべてに星の数ほどの感謝。

 

11位 0+1

歌:寺島拓篤

作詞:寺島拓篤/作曲:Shinnosuke

寺島さんっぽいダンスナンバー!こういう曲が寺島さんにすごくハマりますよね。声優だから当たり前かもしれないけど、たっくまんの音楽活動って知らないと損だと思います。自分が基本的に男性ボーカルって得意じゃなくて、今まで聞いてこなかったんですが、たっくまんの2ndアルバム「PRISM」をきっかけに男性声優楽曲に興味を持ち今では毎日聞くようになってしまったので、寺島さんの音楽を聞かないのはとにかく、もったいないと思います。

 

10位 ドラマチックLOVE

歌:一条シン(CV:寺島惇太)太刀花ユキノジョウ(CV:斉藤壮馬)香賀美タイガ(CV:畠中祐)鷹梁ミナト(CV:五十嵐雅)西園寺レオ(CV:永塚拓馬)涼野ユウ(CV:内田雄馬

作詞:宮嶋淳子/作曲:Yu 

どちらかと言うと色物扱いが目立った『劇場版 KING OF PRISM by PrettyRhythm』ですが、エンディング曲はとても爽やかで正統派なアイドルソングでした。ピアノ伴奏とストレートな歌詞が小細工なしのまっすぐな曲、どこか本編とは別のドラマがこの曲にはある気がします。

 

9位 恋のワンダーランド

歌:Frep (CV:上村祐翔代永翼梅原裕一郎石井マーク佐藤拓也)

作詞:  羽白沙螺/作曲:滝澤俊輔

いい曲だから聞いて!って言われて聞いたら本当に良い曲でした。おとぎの国の世界観と上村さん・代永さんの声がとってもマッチしていて繰り返し何度も聞きたくなる曲です。

 

8位 You Only Live Once

歌:YURI!!! on ICE feat. w.hatano

作詞:西寺郷太/作曲:彦田元気/編曲:彦田元気・冨永恵介

声が加工されているので、声優さんが歌うという意味でこの曲をランキングに入れるかとても迷ったんですが 、名義を変えていることと、リリースイベントで聞いたら生歌でもとても良かったので入れることにしました。そういった意味でも、歌うのがはたのさんである意味がこの曲にはあるような気がしました。曲は爽やかなテクノで、光が反射してきらきら光るそれがホコリだった時の切なさと、でもやっぱり綺麗だなって思った時のような美しさがあります。

 

7位 月影のリフレイン

歌:Growth(CV:土岐隼一・山谷祥生山下大輝寺島惇太

作詞作曲編曲:滝沢章

この曲の中にはGrowthが今まで歌ってきた曲が(たぶん)意図的に使われていて、イントロのピアノがいきなり『悠久のフィリア』と同じメロディーで私は思わず一回再生ボタンを止めてしまいました。ドキドキして聞けなかったです。Growthの楽曲を一貫してじょんさんが作っているからこそできる細工だなと思い、花鳥風月シリーズの最終章というよりはもっと壮大な何かを感じました。サビのハモりの美しさや、ソロパートの心を揺さぶられる歌声の強さ、歌詞や曲に込められた沢山の希望がこの歌には詰まっていて、聞いてると胸が一杯になります。

 

6位 スリム・ボーイ・スリム

歌:西山宏太朗&梅原裕一郎

作詞:松藤量平/作曲:TSUGE

ラジオ番組『ひょろっと男子』から生まれた名盤!洗礼されたクールなオケと、若手男性声優2人によるラップが最高です。声優さんがラップをすると、滑舌が良すぎて抜け感が全然なく、ラッパーの方が歌うのとは全然違う表現になるのでそこが個人的に好きなんです。西山くんはおもちっぽいと思ってたけどはんぺんかー!

 

5位 SIX SAME FACES ~今夜は最高!!!!!!~  

歌:イヤミ feat.おそ松×カラ松×チョロ松×一松×十四松×トド松

イヤミ(CV:鈴村健一)おそ松(CV:櫻井孝宏)カラ松(中村悠一)チョロ松(神谷浩史)一松(福山潤)十四松(小野大輔)トド松(入野自由

作詞:松井洋平/作曲:TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND

イヤミと松野家6人によるディスコナンバー!タイトルの今夜は最高というのはタモリさんの番組『今夜は最高!』からとっているそうです。この曲の面白い所は、メインボーカルが『おそ松くん』の主人公イヤミだったり、『今夜は最高!』のオープニング曲がサンプリングされていたり、タモリさんと赤塚不二夫さんの関係もそうですが、本編を含めて制作陣の遊び心と、作品へのリスペクトのようなものを感じました。

  

4位 Dance with Destinies

歌:立華リツカ(CV:茜屋日海夏)鉤貫レム(CV:斉藤壮馬)&立華リンド(CV: 羽多野渉

作詞:金春智子/作曲 編曲:藤田淳平

私が見たかったダンデビがここにありました!ピアノの伴奏と3人のハモりがとても美しいです。ダンデビのテーマといえば、『人かアクマかー』ですが、この曲にその全て詰まっていると思います。ヒロインのリツカがアクマと恋をし、それでも人として生きるという選択は、聞いていてとても切ない気持ちになります。レムが人間になるバージョンも存在すると知りぜひ音源化して欲しいです!茜屋日海夏さんの歌声にただただ感動します。

  

3位  Check it Love!

歌:Epicurean(CV:江口拓也増田俊樹・島﨑信長・鈴木裕斗

作詞: 作曲:R・O・N

一度ハマると抜け出せない中毒性は伊達じゃないです。ノリのいい軽快なロックは癖がなくて、永遠にリピートし続けられます。4人の声のバランスがとても良くて、信長くんのクールな歌声がいいアクセントになっていると思いました。

 

2位  Be My Steady

歌:ギャラクシー・スタンダード(CV:宮野真守平川大輔江口拓也鈴木達央小野友樹・:豊永利行

作詞:大森祥子/作曲 編曲:R・O・N

ギャラスタの曲がやばい!と教えてもらい聞いた最初の感想がおしゃれすぎる!でした。疾走感のあるメロディは聞いていると心が躍るし、テンションも上がる!宮野さんと豊永さん歌うまいし、文句なしに1位!!です。でも1位を他の曲にしたかったので2位にしました。

 

 1 位 I am I

歌:入野自由

作詞 作曲:佐伯youthK

体を揺らしたくなるいい塩梅のまったりしたメロディと、入野さん歌声と表現力、爽やかな音楽が心地いいです。新しさではなく、どこか馴染みがあるから体が自然と揺れるのかもしれません。今まで男性の歌う等身大の俺をそのまま受け入れてほしい、っていう曲がどうも苦手で今までそんな感じの曲がヒットしても自分では聞かなかったけど、人生なるようになるよって感じの歌詞が自分に合ったし、苦手なテーマだったのに好きになってしまったので、この曲が2016年の1番です。

 

 

かなり軽い気持ちで、今年は楽曲大賞やります!と宣言したら曲を選ぶこともブログを書く事も大変でした。今回選んだ30曲に順番こそ勝手につけさせて頂きましたが、私が個人的にお勧めしたい30曲の方が感覚として近いです。そして音楽に詳しくない私でも、この曲はいい曲だなって思ったものに対しては文字で説明するより聞いてくれれば分かるからと思い、言葉足らずなのと、準備不足で全体的に反省点しかありません…

 

好き放題勝手に書いたのでさらに勝手に書きたいのが、1位に選ばせて頂いた入野さんのこと。今年リリースされたアルバム『DARE TO DREAM』のどの曲もとても良く、その中から1曲だけを選ぶことができませんでした。過去の作品もそうですが、2016年にリリースされた作品だけ聞いてもこの人すごいな、としか思えないのに、そんな人が「知らないことをもっと知りたい」って理由で留学するんですよ。その一言だけでポジティブな気持ちになるし、その信念尊敬します。帰ってきてくれた時、どんな活動をするのか今から楽しみで仕方ありません!

 

最後に、ルールがあるので仕方ありませんが、DearDreamの楽曲を入れられなかったことだけが2016年の心残りです。DearDreamといえばアニメ『ドリフェス!』に登場する2.5次元アイドルですが、今まで2.5次元というジャンルも食わず嫌いで苦手意識を持っていました。だけど、彼らのライブパフォーマンスをみてそのイメージが180度変わり今ではDearDreamそして、ドリフェス!の大ファンです。12月30日(金)特別番組『「ドリフェス!」スペシャル サイコー超えてる!ミラクル☆ステージ』というものがTOKYO MXや・アニメイトチャンネルライブなどで22:30より配信があるので、私と一緒で2.5次元はちょっと…っ思っている人にこそ見てほしいです。一緒に最高超えませんか?